トップページ ベスト ボーナスを出金カジノリゾート参入方針

【2020年版】日本のカジノ: IR)最新情報まとめ!有力候補地とIR法案を徹底調査

ボーナスを出金カジノリゾート参入方針 - 311380

政府は統合型リゾート(IR)についての基本方針決定を先送りする。参入に絡む汚職事件摘発が理由だが、 そもそもカジノを中心としたIRを望む声は少ない。白紙撤回が正しい道ではないか。

IR整備法(カジノ法)がらみで最近の出来事

神奈川県は繁華街がある横浜が候補地になっています。横浜市は広いですが、カジノの誘致に向けて動いているのは、 「山下ふ頭」 です。山下ふ頭は横浜中華街や赤レンガ倉庫の近辺といえばイメージしやすいでしょう。 実は内部では対立が起こっているので、一筋縄では行っていない状況なのです。 山下ふ頭は横浜のシンボル で、観光客に親しまれている存在であるため、IR誘致によって再開発の効果を高めようという動きが強いです。 しかし、地元民や横浜の有力者である 横浜港運協会会長は断固として反対 しています。実際に地元企業団や地元民からの反発は根強く残っていて、「カジノなしの再開発」を臨んでいます。 横浜と同じようにIR誘致の有力候補地なのが 大阪府 です。実際に大阪はカジノ法案が取り上げられるようになった当初から、IRの開業候補地として名乗りを挙げていた自治体です。 大阪府はIR誘致と万博をセットで考えてきており 、年の万博開催地 として選出されています。

日本のカジノ有力候補地5選!IR誘致に向けた各都市の動きを紹介

政府は 年1月に半年以上の延期を経てカジノの規制や監督を担うカジノ管理委員会を発足させた 。カジノ管理委員会は内閣府の外局として設置。委員長1人と委員4人+事務局95人の合計人で構成される。IRは都道府県か政令市が国に対して申請できるが、基本方針に則り経済効果やギャンブル依存症対策などの基準をクリアしているか審査される。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

企業での記事共有や会議資料への転載・複製、注文印刷などをご希望の方は、リンク先をご覧ください。 詳しくはこちら。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*