トップページ ベスト ギャンブルーレット配当

【初心者必読】覚えておきたいルーレットのルールと賭け方まとめ

ギャンブルーレット配当 - 730059

アメリカンとフレンチ(ヨーロッパ)の違いは、「00」を含むか含まないかの差 で、単純に考えれば、38分の1と37分の1であれば、37分の1の方が、当たる確率は高くなります。

ルーレットのハウスオッズ(配当)とは?

あまり「ギャンブル、ギャンブル」言うのもどうかと思うのですが、ギャンブルというのは確率論の発祥の地であり、資産運用の原点であり、 お金の本質を理解するための重要なヒントを多く含んでいる と思っています。そんな中、今回は「カジノの女王」、ルーレットのお話です。 過去の記事で 宝くじの期待値について 書いたところ、読者の方から多くの反響がありました。その中で「ルーレットは期待値が高いと思うけど、どうなの?」という質問があったので、お答えします。 ルーレットは、期待値はそこまで悪くないですが、プレイヤーにとって最悪のギャンブル です。また夢を壊してしまう・・・。 まず、期待値の話をしましょう。ルーレットにはヨーロッパ型とアメリカ型があって、黒と赤の36個の数字以外にはゼロしかないのがヨーロッパ型、 ゼロとゼロゼロの2つがあるのがアメリカ型 です。我々がルーレットと聞いて思い浮かべるのはアメリカ型なので、今回はこっちを中心に説明します。 ルーレットの掛け方は「黒か赤か」や「奇数か偶数か」、3列あるうちのどの列か、数字1点・2点・4点など様々な掛け方はあるのですが、基本的には 確率が2分の1であれば配当が2倍、3分の1であれば3倍、36分の1であれば36倍 、という仕組みになっています。ここまではフェアなギャンブルですね。 ところが、それはゼロとゼロゼロがない(1〜36までの数字だけの)世界の話ですから、ここにゼロとゼロゼロが加わると話は変わってきます。どこに賭けても ゼロとゼロゼロの2つの分だけ、自動的に親が勝つ んです。じゃゼロに賭けたらどうなるかというと、その目は38分の1の確率なのに、配当が36倍なんです。

ギャンブルーレット配当 - 517872

【オンラインカジノ】プロギャンブラーから支持されるルーレット必勝法を実践!!賭け方、応用の仕方を解説!!

ルーレットは「良心的なギャンブル」なのか

オンラインカジノ(ネットカジノ) では、 スロット 、 ブラックジャック 、 バカラ 、 ポーカー など、様々なカジノゲームを楽しむことができますが、中でも、オンラインカジノプレイヤーに大人気のゲームと言えば、 「 ルーレット 」 でしょう。オンラインカジノで遊べるルーレットは、戦略次第で利益や勝率を格段にアップさせることができる大人気カジノゲームとなっています。この記事では、そんなルーレットで稼ぐために必要な知識の一つ、ハウスオッズ(配当)やハウスエッジ(控除率)について詳しく解説します。 関連記事 : オンラインカジノルーレットの基礎:種類や遊び方を解説 関連記事 : オンラインカジノのルーレットで使える4つの基本戦略。 アメリカンルーレットのハウスオッズ(配当) 2。 オンラインカジノで遊べるルーレットでは、プレイヤーが1ゲーム中に賭けた金額に対して、どのくらいの配当賞金を得られるか、というのが 「ハウスオッズ(配当)」 で表されます。例えば、以下のルーレットの賭けのように、Straight-Up(ストレート・アップ)に1ドルのチップを賭けてゲームを開始した場合、勝利した際の得られるチップ金額は、賭け金を含めると36ドルになります。つまり、この場合、ハウスオッズは36倍と表されます。

ルーレットのハウスエッジ(控除率)とは?

カジノのルーレットは、Wheel(ホイール: 画像赤枠 )と呼ばれる数字の書かれた円盤と、テーブル(レイアウト: 画像青枠 )を使用して遊ぶゲームです。 ストレート・アップは別名「シングルナンバー Single Number 」と言って、1つの数字に対して賭ける方法で、36個の数字とゼロを含んだ全てに対して賭けることができます。1点賭けは当たる確率が極めて低いため、当たると高配当が期待できます。 コーナー・ベットは別名「Quad Bet(クゥアド・ベット)」「Quarter Bet(クォーター・ベット)」「Square Bet(スクエア・ベット)」と言って、4つの数字に対して賭ける方法です。 ダブル・ストリート・ベットは別名「Line bet(ラインベット)」「Six Numbers Bet(シックス・ナンバーズ・ベット)」と言って、2列を利用して合計6つの数字に対して賭ける方法です。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*