トップページ ベスト リアルカジノゲームの流れ

カジノゲームの種類|ルール・おすすめポイントも解説

リアルカジノゲームの流れ - 165160

ラスベガスのカジノでは、フォーマルな服装を義務づける「ドレスコード」の定めはありません。時代とともにルールが緩和されて、「タキシード」や「スーツ ネクタイを締める 」などの堅苦しい服装にこだわらず、お客の入場を認めています。そのため、カジノでは普段の服装でギャンブルが楽しめます。ただし、自宅のリビングでくつろぐような服装は控えましょう。サンダル履きや、短パン、ハーフパンツなどの着用を避けると、入場を制限される心配がありませんよ。

ラスベガスのカジノホテル

バカラの勝敗は、プレイヤーとバンカーどちらの下一桁が9に近いか?で決まります。例えば プレイヤー:「6」「2」 バンカー :「3」「4」 の場合はプレイヤーが「8」、バンカーが「7」となりプレイヤーの勝ちです。カードの点数ですが、A〜10まではそのままの数字でカウントし、絵柄は全て0になります。 実際のゲームの流れは。

カジノで遊べる代表的なトランプゲームの種類とルール

ラスベガスといえばカジノ、カジノといえばラスベガス。そんなラスベガスにやって来て本場のカジノをエンジョイしない手はない。  あまりのめり込みすぎるのも問題だが、せっかくはるばる日本からやって来たからにはぜひ楽しんで帰りたいものである。 ところが残念なことに、カジノにまったく興味を示さない日本人観光客も少なくない。  やりたくてもルールがわからない、英語に自信がないというのであればそれはそれで理解できるが、 「ギャンブルは罪悪だ」 、 「絶対に勝てないように仕掛けられている」 、 「どんなに小額でもカジノでおカネを失うのはバカバカしい」 など、勝手な誤解や偏見を持ち、せっかくの体験チャンスをみずから放棄してしまっている者が少なからずいる。(下の写真はラスベガスのカジノ街)。 もちろん「やる・やらない」は個人の自由だが、ラスベガスまで来て遊び心を持つ余裕がないのもあまりにも寂しすぎはしないか。  またそのような誤解や偏見をまわりのビギナーたちに説教している輩も見かけるが、もはやそれはまわりの者にとって迷惑千万な話だ。 とにかく本場ラスベガスまで来てギャンブルをやらないということは、 ハワイへ行ってビーチに一度も出ないようなもの と考えたい。勝ち負けはともかく、なんでもいいからトライしてみようではないか。 少なくともここアメリカではギャンブルそのものに対して罪悪という雰囲気はほとんどない。  罪悪なのは 「ギャンブルにのめり込むこと」 であって(いわゆるギャンブル中毒)、ギャンブル自体は単なるエンターテインメントとしてとらえるのが普通の一般的な考え方だ。だからラスベガスでは老若男女がバケーションの一コマとして楽しそうにギャンブルに興じている。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*