トップページ 比較評価 カジノ情報比国ゲーミングスロット

カジノ/ゲーミング業界について

カジノ情報比国ゲーミングスロット - 330160

e-ゲーミングとは日本で言うところのインカジ インターネットカジノ にあたるわけだが、フィリピン国内では堂々と合法化されておりライセンス発行の下、各店舗が運営されている。e-ゲーミングと言ってもゲーム種は豊富で、バラエティに富んだスロットにバカラなどのカードゲームや各種ルーレットと、全てのカジノ系ゲームで実際にお金を賭けてプレイすることができる。

この記事を読んだ人にはこんな記事も読まれています

フィリピン娯楽賭博公社(PAGCOR)は15日、マニラ首都圏でのすべてのカジノ事業を一時閉鎖すると述べた。これは、新型コロナウイルス(Covid)の感染拡大防止措置としてドゥテルテ大統領がマニラ首都圏を封鎖するという決定を受けたものだ。 AGBが15日 伝えた 。 この停止措置は、陸上カジノ(PAGCORが所有および運営するすべてカジノ、営業許可証のあるカジノ含む統合リゾート(IR)の両方)、電子ゲーム、ビンゴ(伝統的および電子的)、スポーツ賭博、ポーカークラブ、スロットマシンクラブ、その他PAGCORが規制する活動に適用される。 営業停止期間は、政府がマニラ首都圏に対しコミュニティー検疫を実施する3月15日〜4月14日まで継続する見込み。 PAGCORは、政府が検疫措置の拡大を宣言した場合、首都圏外の活動も停止されると述べている。 ただし、レストランや飲食店は営業可能で、ホテルはゲストを受け入れることができるが、その規模は縮小される。 PAGCORはカジノの閉鎖措置について次のように述べた。 「PAGCORはCOVIDの状況の深刻さを信じています。したがって、ウイルスを封じ込める政府の多大な努力を支持します。この措置は、ゲームの従業員と顧客の両方、そして最終的には一般の人々の安全を確保することを目的としています」。 フィリピンは昨年、アジアで最高のパフォーマンスを誇るゲームの管轄区域のうちの一つだった。年にも拡大を続けると予想されていたが、今回の閉鎖措置で雲行きが怪しくなってきた。PAGCORは数日前までは、フィリピンのゲーム業界が年末までに56億万ドル(約億万円)の総ゲーム収益(GGR)をあげると 予想していた が、これも下方修正を迫られそうだ。

統合型リゾート(IR、Integrated Resort)

国籍を問わず入場できるため、 入場時のパスポートチェックは特に行われない (一部実施している店舗もある)が、提示を求められたらすぐに見せられるように・会員カードを作成するために携帯は必須。 年に多くの死傷者が出る事件が起きたこともあり、手荷物検査・車両検査が徹底的に行われている。 ドレスコードはかなり緩めのカジュアル。 ショートパンツ、ビーチサンダルでも問題なく入れるが、あまりにも汚れた洋服、ボロボロな洋服は避けよう。 キャップ、ニット帽、マスク等は世界的にどこのカジノでも基本的に禁止されているので取り外すこと。 入場時には手荷物検査が行われる。 鞄の中を見せて通るタイプと、空港の手荷物検査のように鞄を機械に通してチェックするタイプのカジノがある。 フィリピンは今アジアで最も注目されているカジノ成長国。 世界中のカジノ経営会社が続々とフィリピンに進出を計画している。 ビーチリゾートが多く、英語が公用とされていて、さらに物価も安いとあって、アジアのカジノ業界をリードする国となっていくだろう。 これまでは治安面の不安からフィリピン(特にマニラ)のカジノに行く日本人観光客はかなり限られていたが、ドテルテ大統領の政策により大幅な治安改善がされたことから今後の観光業全般にも期待大だ。 メンバーズクラブ: Reward Circle(リワードサークル)。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*