トップページ 競技 大勝利カード現金化

クレジットカードの現金化は絶対に行わないでください

大勝利カード現金化 - 747736

電子マネーを詐取する特殊詐欺が多発している。買い取り業者のサイトを通じて現金化することが多いが、インターネット上には一般人と詐欺グループ両方を相手にする業者や、詐欺グループしかアクセスできない専門業者などが乱立。マネーロンダリング(資金洗浄)の温床にもかかわらず、規制への動きは鈍く、警察庁と金融庁が責任を押し付け合う格好になっている。  規制をめぐっては2016年、京都、埼玉など各地の弁護士会が電子マネー買い取り業を禁止にするか、登録制にすることを求める意見書を国に提出した。しかし、規制する法律について警察庁は「(金融庁所管の)資金決済法」、金融庁は「(警察庁所管の)古物営業法」とそれぞれ話し、事実上、規制当局が存在しない状態だ。  金融庁や法曹関係者によると、資金決済法の規制対象はアマゾンなど電子マネーの発行業者で買い取り業者には及ばない。一方、古物営業法の対象は物品で、電子マネーのカードタイプは該当するが、ネット上でコード番号を購入するタイプは当たらない。両タイプとも対象外との法解釈もあり、現行法では規制が難しいという。  対応策として、金融庁は「発行業者に詐欺被害の状況を確認する」などと回答。警察庁は詐取されたものと知りながら換金に応じた買い取り業者について、「組織犯罪処罰法を適用するなどして取り締まっている」と答えた。  一方、警視庁が今月5日に詐欺容疑で逮捕した電子マネーの換金グループは、買い取り申請に必要な身分証などを偽造していた。グループに加担していたとみられる買い取り業者は警視庁の調べに、偽造身分証のコピーなどを示し「被害に遭った電子マネーとは知らなかった」と弁明したという。  電子決済に詳しい成城大の中田真佐男教授(金融論)は「法律の空白ができており難しい問題だが、何もしないと特殊詐欺に利用される状況が続く。対策を打つ時期が来ている」と警鐘を鳴らす。

また、文政権お得意の「やるやる詐欺」か?

写真拡大 全4枚。

日本側が1年5か月も裁判所命令を無視できた不思議

しかし、これらの現金化に関しては、明確な法律違反とはなっていないのが現状です。 なぜなら、買取式であれキャッシュバック式であれ、行為そのものはただ買い物をし、不要な物を売っただけ、キャッシュバックを受けただけ、という体裁ができているからです。

大勝利カード現金化 - 88044

クレジットカード現金化とは!

Netkeiba   WEST-SYSTEM  . WAKUWAKU ZAKZAK net Yahoo.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*