トップページ フィードバ は確率論賭け麻雀

1.主催者・胴元は賭けをするか?

は確率論賭け麻雀 - 411689

本サブサイトで扱う「賭け」は,通常考えられているギャンブルよりは広く捉えて,「金銭を利得とするゼロサムゲームである」と定義しました( 賭け・ギャンブル・ゲームの定義 ).ここでは「賭け」をいくつかに分類し,それを取り扱う学問分野について考えてみます.。

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

というと、例えばルーレットで赤か黒のどちらかに賭けて当たれば2倍に。2分の1の確率です。1~36の数字に一点賭けすれば当たる確率は36分の1、当たれば36倍。胴元が損をする確率も同等です。とてもフェアな配当になっています。ただ、ヨーロッパスタイルには「0」という数字が1つ加わり、アメリカンスタイルでは、「0」と「00」という2つの数字が加わるため、ほんの僅かではありますが、胴元の儲けが出てきます。  その控除率は、2。

ホイヘンスが教えてくれる確率論 ~勝つための賭け方~ のユーザーレビュー

A. まずは講座第1回で登場したギャンブルとの比較から。 麻雀は胴元がいない。 自分と同じ立場で投資している「敵」がいる。 投資者の力量が比較的出やすい。 ミスが失点につながりやすい。 運だけで勝てることもあるが、運があっても負けることがある。 こうして書いていても、うまくまとまりませんね。論点を絞りましょう。 麻雀の場合、この偶然まかせの度合いが競馬に似ていると思います。 例えば外馬(自分は打たないで、誰が勝つかを賭ける)を考えると、強い人にのれば勝つ確率は高いでしょうし、誰が強いかを見極める力量が必要です。しかし半荘1回では強い人が勝つとは限らない。 競馬は常に半荘勝負なわけです(ただ、麻雀ほど運に左右されませんが)。 麻雀は、短期戦では競馬に似ていて、長期戦ではパチンコに似ているように思います。

2.麻雀の数学的(確率的)考察

PICK UP.    .                 .

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*