トップページ フィードバ カジノ控除率イギリス版ブラックジャック

ポンツーンは超攻撃的カジノゲーム!【ブラックジャック】

カジノ控除率イギリス版ブラックジャック - 43792

ギャンブルに縁のない人でも、「ブラックジャック」というゲームの名前を知っている人は多いでしょう。トランプで遊ぶのが好きな人でしたら、それがどんなゲームか知っているかもしれませんね。それほどにブラックジャックは、ギャンブルゲームである以前に純粋なカードゲームとして人々の間に浸透しています。 ほとんど誰もが知っているこのゲームの歴史からひもといていきましょう。

関連記事(一部広告)

こんにちは!Casimo編集長の笠原豪です! 今回は ギャンブルを勝ち抜くために欠かせない還元率 についてご紹介していきます。 還元率とは 「賭け金総額の中からどれだけプレイヤーに払い戻すか?」 という考え方です。 あらゆるギャンブルでは最終的には胴元が勝つようにできています。 これは商売である以上当然のこと。 ですが、あまりに「ぼったくり」だと客が離れてしまい経営できなくなります。 そこで カジノ経営者は還元率によって収支をコントロールしています。 「お客さんに儲けてもらいたい!」と考えるなら還元率を上げ、「経営が厳しいのでお客さんには少し我慢してもらおう・・・」と考えるなら還元率を下げるわけです。

カジノ控除率イギリス版ブラックジャック - 196109

ブラックジャックのルール

クラップスはラスベガスのみならず世界中のカジノにおいて、ブラックジャック、ルーレット、バカラと並び広く行われているゲームのひとつである。  特にここラスベガスでは、クラップスのワイワイ騒ぎながらやる独特な雰囲気がアメリカ人気質に合っているのか、少なくともルーレットよりも盛り上がっているように見受けられる。 一方、これだけ多くの日本人がラスベガスを訪れるようになった今日においても、このクラップスを本格的に楽しんでいる日本人観光客は極めて少ない。  単独で黙々と遊ぶルーレットやブラックジャックとは異なり、客同士がハイタッチしたりしながら楽しむこのクラップスこそ、最もラスベガスらしい華やかなカジノ体験として良き思い出となるはずなので、もっと日本人にも参加してほしいゲームのひとつである。 それと同時に、このクラップスがカジノゲームの中で 最も勝率の高い (期待値が高い)ゲームである(特殊な条件下でのビデオポーカーなどを除いて)ということも覚えておいていただきたい。特に後述する「オッズ賭け」は、カジノ側の控除率がゼロなので、勝てる可能性が十分にある。 クラップスというゲームは、基本的には サイコロの出る目を当てるだけ の極めて単純なゲームだ。  つまり、ブラックジャックのような「ディーラーの手に対して各プレーヤーが個別に勝負する」という「対戦型」ではなく(したがってクラップスには「自分の手」というものは存在しない)、勝負はただ単にサイコロの目を当てたプレーヤーに対してカジノ側が払戻金を支払うというだけの単純な勝負形式となっている。

バナー・ベラジョンカジノ

ブラックジャックとの違いは、勝負するまでディーラーのカードが全てブラインドされている点です。 ブラックジャックの場合、ディーラーはカードを1枚オープンすることが義務付けられていますが、ポンツーンは全てクローズド。 この為、ポンツーン 勝負時に配られた2枚での21。ブラックジャックで言う「ナチュラルブラックジャック」 の保険となるインシュランスとベーシックストラテジーは使用する事ができません。 ですが、使用するカードはジョーカーを除く52枚だけという少なさ。 この数の少なさで、「カウンティング」というテクニックはブラックジャック以上の効果があります。 数の数え方は、ブラックジャックと同様で、J・Q・Kのピクチャーカードは10としてカウント。Aについては1と11、どちらか好きな方を選んで良い事になっています。 但し、Aとローカード 低い数字のカード での「17」はソフト17という扱いになり、ディーラー側のみ強制でツイストする義務が発生。この点ではブラックジャックと異なり、当然ですが17からバースト、という事もありえます。 このルールによってディーラーカードのブラインドによる不利益がカバーされる形となっているのが本家ブラックジャックとの違いです。 ゲームテーブルでベットを行ったら即座にゲームが開始となりますますが、ディーラーが手札を先に確認し、開始2枚でポンツーン 開始時の手札2枚での21 が成立している場合は、自動的に負けとなります。 ここでディーラーがポンツーンでなければ自分の手札の確認。 手札の点数次第でカードを追加するかどうかを判断する事になります。 追加の場合は指でテーブルを2回、トントンと小突けばOK。 ブラックジャックにおけるヒットと同様で、発声で促す場合は「ツイスト!」と言います。 21を越えるとバーストとなり、自動的に負けが確定しますが、その範囲内なら5枚まで引く事が可能です。 ここで任意の数でステイ カードをこれ以上引かずに現在の点で勝負 、ディーラーの星の点数と勝負することになりますが、ブラックジャックとの違いに「5トリックカード」という物があります。 これはどういうものかと言うと、手札がどれほどクズカードの寄せ集めであっても、バーストせずに5枚引ければ無条件で勝ちが確定し、配当は3倍。昔、日本のSEGAが出していたゲームセンターで流行ったブラックジャックのルールでもあった「5カードWIn」と同じルールです。 大きく勝つ上での欠かせない特殊役となっています。 もちろん、ナチュラルでの21成立も特殊役となり、ポンツーンとして3倍の配当が受けられます。 ブラックジャック同様に、スプリット・ダブルダウン ポンツーンでは「ベイ」と呼びます。 もありで、ルールはブラックジャックに準拠します。 ポンツーンの場合、更に3枚目も同じカードだった場合はこれもベイすることが可能で、場合によっては軍資金を一気に10倍にする事も可能となります。 本家ブラックジャックにはない変則ルールですが、このルールによってカジノ側のハウスエッジは極めて本家に近い数値となっています。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*