トップページ フィードバ 控除率スイスのカジノ

スイスのカジノ事情とおすすめカジノ施設9選

控除率スイスのカジノ - 438597

スイスの観光地としても有名なルツェルン州には大きなカジノ施設がある のをご存じでしょうか?もちろんスイスにはこの他にもたくさんのカジノが用意されており、観光や食事など優雅な時間を楽しみながらカジノプレイができます。

IR*ゲーミング学会

スイスでは 、年新たにカジノ法制度を創設する際に、賭博依存症対応施策を法律の枠組みの中で(「連邦賭博及び賭博施設法」及び関連「施行令」)明確に位置づけるという先進国としては極めて斬新な手法を採用した国である。 賭博依存症に対する様々な施策をスイスではSocial Concept 社会的配慮事項 と定義し、その実践を施行者の義務とする法律上の構図となる。賭博行為を広範囲に認めることに対する国民の懸念を払拭することが、制度制定の当初からの政策的意図になったため、単純に財源の手当てをして、既存のステークホルダーの善意や任意に委ねるという考え方を取らず、明確に一定の行動を自らの責任で担うことをカジノの施行者としての法律上の義務としたことになる。よって、施行者の総粗収益から強制的に一定の賦課金を徴収し、 これを依存症患者対策に配分するという他国に見られる手法はスイスでは採用されていない 。これは依存症問題に対する対応施策の実践が当初から施行者にとり費用化されることを前提としていることになる。 依存症対応策の計画と実践を、制度上施行者固有の義務とする考えは、その他の国ではあまり採用されていない。事業者側に義務とされることに対する強い反発があると共に、営利事業としての企業行動と社会的危害防止策のバランスを取ることが、難しくなるというのがその理由である。但し、 スイスにおける実践は 、やり方次第では、これも効果的な一つの手法たりうることを示唆している。 Aライセンス・カジノとはもともと大消費地(大都市)近辺、ないしは国境近辺に設置されるカジノ施設をいい、比較的大型施設で、来訪客のみならず都市住民をも含む一定の市場規模を確保できる施設として想定され、カジノ施設のあり方もできうる限り規制の無い考え方で限定数のみが認められることになったものである。一方Bライセンス・カジノとは、観光地においてのみ、より小規模で、射幸心を煽らないレベルの限定的なカジノ施設を許諾するという考え方で、必ずしも汎用的なカジノとはいえないものでもあった。規模が小さいこと、かつ観光地次第では季節毎の観光客数の変動が大きいこと、運営面における制限が多いこと等が本来的に事業経営上の課題であったともいえる。これらBライセンス施設に対しては、財政難に応じて一定の規制緩和措置や支援措置が制定され、現状では相対的に経営が安定するレベルに至っている。潜在的な市場規模や規制のあり方等より、 当初からスイスでは米国的な大型遊興施設は志向されず 、中小規模施設が主体となり、税率もかなり高い。事業に参画した主体は、 スイスとフランス 、オーストリア、ドイツ等の企業連合が殆ど全てを占める。

「スイス」の検索結果

WiFi new.

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*