トップページ フィードバ 登録無料時間制限

オンライン会議サービス「ZOOM」の使い方を解説。無料プランでは何ができるのか?

登録無料時間制限 - 293110

移動時間や会議室準備の手間を削減できるWeb会議システム。無駄を削除して働き方を改善するためにぜひ導入したいですが、いろんなサービスがあるので選ぶのが難しいですよね。この記事では、無料で使えるWeb会議システムから Zoom、Whereby(ウェアバイ)、Skype(スカイプ)、Googleハングアウト(Hangouts Meet)の4サービスを厳選してご紹介します。

ユーザー登録せずに会議参加が可能なものも

in )に劣るものの、Wherebyには4人という人数制限があるので、社外への説明会やセミナーのような大人数が参加するWeb会議を頻繁に行うようであれば導入をおすすめします。 Skypeといった従来のWeb会議ツールとは違い、 会議を始めるホスト以外はアカウントの作成が不要、無料版でも最大人が同時に参加できる といった特徴があります。 Skypeを利用した会議だとよくあるのが、Skype IDがわからない、アカウントにログインできないなどの理由で会議をなかなか始めることができないことです。一方、Zoomはホスト以外はアカウントの作成不要のため、Skypeより素早くWeb会議を開始することができます。

登録無料時間制限 - 598567

「G Suite Essential」もあわせて発表

Google Cloudは4月29日、これまで法人、教育機関、医療機関などエンタープライズ分野で展開していたビデオ会議サービス「Google Meet」を、5月上旬より一般ユーザーに提供開始すると発表した。事前にメールアドレスを 登録 しておくと、利用開始時に通知を受け取ることができる。 同社によると、年1月以降、Google Meetの1日の利用は30倍以上に増加。4月には、1日あたり約万人の新規ユーザーを獲得しており、ユーザーの利用時間の合計も1日あたり約30億分を超えたという。さらに、4月第4週目には、1日の利用者数が1億人を突破したとしている。 グーグルでは、個人向けのGoogle Meet開放に加え、G Suiteを導入していない企業や組織を対象にした「G Suite Essential」を発表。9月30日まで無償提供ながら、Google Meetに加え、Googleドライブ、Googleドキュメント、Googleスプレッドシート、Googleスライドを活用可能。Google Meetでも、電話でのダイヤルイン、大規模なオンライン会議、録画機能といった上位機能が利用できるという。

無料プランには制限がある?

今回は、オンライン会議サービス「 Zoom(ズーム) 」の使い方を紹介します(興味のある方は、同様のサービス「 Skype(スカイプ) 」「 Google ハングアウト 」「 Whereby(ウェアバイ) 」の解説記事もご覧ください)。 Wherebyはブラウザだけで動作する便利なサービスですが、無料版では接続数は4人(4台)までという制限があります。一方、 Zoomは人まで接続できる ので、打ち合わせや会議だけでなく、大人数での研修会やウェビナー(ウェブセミナー)にも利用できるのが特徴です。

Zoomの料金とは。各プランを紹介

例えば「LINE」のグループトークでは、グループでのビデオ通話が可能。 最大人まで同時に話すことができる。 ただし、同時に画面表示できる人数には上限があり、 PC版のLINEアプリの場合で最大16人まで。 PCから画面を共有できる機能もあり、プレゼン資料などを共有しながらも話せる。また、 macOS向けのLINEアプリ限定ながら、背景をぼかせる機能も提供。 また、スマートフォンでは、エフェクト機能を使って自分の代わりにキャラクターを表示したり、顔を隠すなどの加工ができる。 Facebookの「メッセンジャー」でも同様に、最大50人までのビデオ通話 が利用可能(画面表示は6人まで)。PC(WebおよびWindows、macOS、プラグインのインストールが必要)やAndroidから画面を共有できる。 グーグルは5月頭に法人向けに提供していたビデオ会議サービス「Google Meet」を一般ユーザー向けにも無料で開放した。 Googleアカウントを持っている人同士であれば名まで、9月30日までは時間無制限に利用可能 (通常時は60分の利用制限がある)。

Group site links

日本でも急激に利用者が増えているビジネスコミュニケーションツール「Z oom」。 アカウント登録なしで会議に参加できる気軽さや、通信の安定性、シンプルな操作性が高く評価されており、企業からの注目度も高い。 無料版と有料版の大きな違いの一つが、 3 人以上のオンライン会議に設けられた時間制限だ。 無料版では、40 分以上連続して 1 つの会議を行うことはできない。 ただし、ミーティング数に制限はないため、 40 分ごとに一度会議を終了して別の URLから再度接続すれば 継続は可能だ。 40 分毎に時間を区切って会議の予定を組み、休憩を挟み、再度新たな URLで会議を再開する方法がおすすめだ。

ディスカッション

メールアドレスが公開されることはありません。*